エアコンのカビ掃除

エアコンのカビ掃除。
エアコンのカビ掃除はフィルターの掃除だけでは全く不十分でエアコン内のファンやエバボレーターなどに付着しているカビを除去して掃除をしてやらないといけません。
エアコンのカビ掃除はそんなに難しい作業ではなく素人にも充分できます。

エアコンのカビ掃除を自分でやる時は必ず最初にコンセントを抜きましょう。
エアコンの前部カバーを外し中のフィルターを外し、エアコンの周りを特に下部を液体がこぼれてもいいように養生します。
エアコンの内部洗浄用スプレーが専用に売られていますので使用用法を守ってエアコン内部を洗浄するだけです。
エアコンの内部の洗浄が一通り終わったら復旧して終了です。
初めてエアコンのカビ掃除をする時は時間も掛かりますし手際も悪いのですが、2回目以降からはずっと簡単に感じられると思います。

エアコンのカビ掃除は年に3〜4回、特に梅雨から夏にかけては絶対にやっておきましょう。
フィルターの掃除は最低月に1度はしましょう。

エアコンのカビ掃除は業者さんにしてもらう方が道具とかも揃ってますので完璧にしてくれますが、お金が1万円前後必要です。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンのカビ掃除 点検

エアコンのカビ掃除 点検。
エアコンは定期的に掃除をしないとカビが発生します。
エアコンの掃除というとフィルターを取り外して掃除機で汚れやホコリを吸って、洗って乾かして、取り付けて終了と思ってませんか?
またウチのエアコンは自動掃除機能が付いているから心配無いと安心していませんか?
エアコンの自動掃除機能はフィルターに付いた汚れやゴミをフィルターを外さずにエアコン内で機械が自動的にフィルターの上をブラッシングして汚れやホコリを落とすだけの機能であって、自分でフィルターを外して掃除するよりも全く性能は悪いんですよ。

エアコンのカビはフィルターをすり抜けてしまうような小さなゴミやホコリがエバボレーターという車のラジエターに似た熱交換機に付着してカビを発生させる原因になっているので、フィルターを何度掃除してもエアコンのカビの掃除にはなりません。

エアコンのフィルターを掃除してもエアコンの効きが悪かったり、音が大きかったり、変な臭いがしたり、風量が少ないと感じられたらカビが発生している可能性が大きいので、エアコンのカバーを外してフィルターも外して奥の部品を点検してみましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンのカビ掃除 健康被害

エアコンのカビ掃除 健康被害。
エアコン内のカビを掃除せずに放置して使い続けるとエアコン内のカビやその胞子にカビをエサとして食べているダニの糞や死骸も一緒に室内に撒き散らし、いろいろな健康被害をもたらします。
エアコンのカビが原因で悪くなる病気を簡単に3つ紹介します。

アレルギー性喘息
喘息のアレルゲンの第1位はダニ、第2位がカビで、エアコン内のカビを放ってエアコンを使えば当然、アレルギー性喘息を悪化させます。

アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎の発症原因はダニ、ホコリ、卵、牛乳などさまざまでアトピー性皮膚炎の刺激となるものはホコリ、ダニ、カビ、花粉、衣服、洗剤、入浴、日光、ストレスなどがありホコリ、ダニ、カビを撒き散らすエアコン内のカビは悪影響を及ぼします。

夏型過敏性肺炎
夏型過敏性肺炎とは、トリコスポロンというカビを、知らず知らずのうちに吸い込むことによって起こる私たちにとって非常に身近な病気でエアコンのカビが原因となるコトが多いようです。


このようにエアコン内のカビ掃除をしないと、いろいろな病気の原因になりますし、大事な自分の家族のコトを考えますと1秒でも早くエアコンのカビ掃除をしたくなりませんか?
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。